ボーカル

ボイストレーニングが、
あなたを変える。

高い声を出したい、響く声で歌いたい、大きな声で歌いたい、ひっくり返りを治したい、地声で歌いたい、ミックスボイスを身に付けたい、ピッチを良くしたい、自分の声を見つけたい、歌上手いねって言われたい、ビブラートをかけられるようになりたい、音域を広げたい、楽しく歌いたい、喉を痛めずに歌いたい、息がもたないのをどうにかしたい……など、様々な歌への悩みは、ハリウッド式ボイストレーニングにおまかせください♪

何故、ボイストレーニング?

私自身、声に悩みを抱えて早9年が経ち、ボイストレーナーとして多くの生徒さんを見てきて2年以上が経ちました。教える身になっても尚、声の奥深さに驚かされています。むしろ、ボイストレーナーになった今のほうが、驚きに満ち溢れているようです。先生にならなければ絶対に感じなかったなと思うのは、【人によってこんなにも声に対する体感が違うのか】という点です。

これが、是非ともボイストレーニングを体感してほしいという点にも繋がるのですが、たとえば「お友達のシンガーがこの練習(ボイトレエクササイズ)をしているから、私もやろう」と張り切ってやったところで、自分にとって良い練習かどうかはわかりません。たまたま、いい方向に向かうかもしれませんが、お友達のシンガーとあなたの歌う時の癖は同じではないはずで、身体の使い方、口の開き方、息の使い方も同じではないでしょう。そうなると、もしかしたらあなたにとって最適な練習方法は違うものかもしれない。だから、ボイストレーニングは完全個人レッスンで、ひとりひとりに合った内容になります。完全に同じレッスンは一つとしてないでしょう。同じ人がレッスンを続けていく中でも、成長し、声に必要なことは変わっていきます。ボイストレーニングを続けることで、レッスンも変化していきます。

ボイストレーナー 寺田 里保(てらだ りほ)

プロフィール

シンガー、作詞曲家。19歳の時にニューヨークで出会ったブルーズシンガー、Amina Claudine Myersの言葉からジャズに出会い、2013年洗足学園音楽大学音楽学部ジャズコースボーカル専攻に入学。2017年卒業。これまでに、ニューヨークやバンクーバーへの短期留学を繰り返し、英語や音楽の見識を深める。在学中より、ジャズスタンダードやオリジナル曲を織り交ぜライブ活動を重ねる。Chaka、Geila Zilkha、Jay Clayton、Vanessa Falabella各氏などに師事。

FAVORITE
Tierney Sutton/Ella Fitzgerald/Sarah Vaughan/Shirley Horn/Chet Baker/Tony Bennett/Nat King Cole/Gretchen Jane Monheit/青葉市子/AC Jobim/Tatiana Parra/Esperanza Spalding/Keri Noble/Lady Gaga/ Bill Evans/Chick Corea/Keith Jarrett/Shai Maestro/Brad Mehldau/坂本龍一/Gary Burton…..

ボイストレーナーとして

ハリウッド式ボイストレーニングのスタジオに通い、自分自信の悩みであった「ひっくり返り」や「叫び癖」が治ったことでボイストレーニングに興味を持ち学び始める。その後、ボイストレーナーの道に進む。都内某スタジオにて、現代ポップスからジャズ、ミュージカルまで、さまざまなジャンルの生徒をレッスンする。現在は、個人でボイストレーニングレッスンを展開している。

レッスンでは、生徒に寄り添う姿勢、わかりやすい解説、親しみやすいキャラクターが人気である。現在も、海外ボイスコーチのレッスンやセミナーを積極的に受け、声についての見識を広げている。