BLOG

習う、
読む、
理解する。

  1. HOME
  2. ブログ
  3. ブログ
  4. 高い声の出し方、お教えします。【参考エクササイズ付き】❶

高い声の出し方、お教えします。【参考エクササイズ付き】❶

こんにちは、講師の青山里保です!
今回は歌の悩みで1番多い【高音の出し方】について!!

昨今のコンテンポラリーソングは、技術の発展のため?流行りのため?とてもキーが高かったり、難しいメロディの曲が多いですね。音程の上下についていけなかったり、高すぎて声が出なかったり。
でも、メロディの動きについていくのも、ビブラートも、高い声が出るようになると自ずと楽になっていきます。まずは、高音の出し方を習得しちゃいましょう!

【高声の出し方】サビで声がひっくり返るあなたは…

曲の盛り上がり、サビの部分、しっかり声を出したいところに限って、ケロッと声がひっくり返ってしまう事ってありますよね!ケロっまで行かなくても、限界!限界!限界!これ以上でない!!の様に諦めてしまう人も多いです。

でも、あなたが高音を出せないのは、出し方を知らないだけ。

声帯は2枚のヒダが上から見ると門の様になっていて、その門が開いていれば呼吸をしていて、閉じていれば声が出ているということになります。
(見えないけど)声帯を横から見たとすると、もちろん声帯は紙の様にペラペラではありませんから、ある程度厚みがあると想像がつくと思います。その声帯の厚みこそ、考えるべき点です。


出典;一般社団法人 日本耳鼻咽喉科学会

地声は≪ハリのある声≫を声帯に厚みを持たせることで、裏声は≪高く伸びのある声≫を声帯を薄く使っていくことで出しています。そのため、音程が上がった時に声帯に厚みがあり過ぎると、本来欲しい厚さよりもより厚くなってしまい、高音に行きづらい、高音で限界がきてひっくり返ってしまう、喉が辛いなどなど、お馴染みの現象が起きてしまいます。

ですので、音程が上がると同時に少しずつ声帯を薄く使っていくイメージが、とても大切です。
声がひっくり返ってしまうなら、まずは(感覚は)裏声でもいいから、声を薄く使う必要があります。

次のボイストレーニングに挑戦してみてください!

【エクササイズ①】まずは、慣らしてみましょう。【高い声の出し方】

Goog グッグッグ

そして、自分の中で高い声を(裏声でもいいから)出す感覚が分かってきたら、Funny Voiceに挑戦!

【エクササイズ②】Funny Voice に挑戦!【高い声の出し方】

Nay(またはkay)   ネイネイネイ(ケイケイケイ)

長めのスケールも↓
【エクササイズ③】上級者向け!強化エクササイズ【高い声の出し方】

EH エッジボイス エッエッエッ

【高声の出し方】まずは変な声を出すところから!

このように変な声を出すことで、いつもより少し声門閉鎖を起こしやすくしてあげたうえで練習して、出来るようになってきたらより普通の声に戻していくことが出来ると最高です。
きついなって思ったら、必ずお水をとってお休みしましょう。無理しすぎると力んでしまったりするので、こればかり練習せずにリップバブルなども一緒に組み込んでいきましょう♪

千里の道も一歩から。少しずつ練習して、ひっくり返りのない声を目指していきましょう!

 

 



50分完全マンツーマンボイストレーニング

ボイストレーニング

初回カウンセリングは体験限定料金4,000円から受講可能です!!
南武線久地駅から徒歩3分の講師自宅スタジオにて行います。
※詳しい住所はお問合せ後にお知らせ
※下北沢スタジオやオンライン、茨城県出張もあります。

初回カウンセリングは、こちらからお問い合わせください♪

南武線久地駅から徒歩3分の自宅スタジオにて、ハリウッド式ボイストレーニングを提供しております。

高い声で歌いたい、音域を広げたい、声を響かせたい、ビブラートをかけたい、大きい声で歌いたい
声が小さいとよく言われる、思ったように声が出ない、声帯炎になったことがある、英語の歌を歌いたい、など
声の悩みからテクニックまでサポートいたします。

まずは、あなたの声を聞かせてくださいませんか?

    お名前必須
    年齢
    メールアドレス必須
    お電話番号
    お問い合わせ内容必須
    希望楽器必須
    詳細
    必須

     

    関連記事